美容皮膚科 治療科目

  • 皮膚科・アレルギー科
  • 美容皮膚科

肝斑(カンパン)

30代~40代の女性の、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れてきます。
境界が比較的はっきりしており、淡褐色のシミです。
トランサミンや、各種ビタミン剤の内服や、ハイドロキノン、レチノインの外用が治療の中心でした。
当院では、最新レーザー機器のメドライトC6によりレーザートーニングを行い、より効果的な複合治療を行っております。

ホクロ・おでき

色は黒いけれども平らなもの、黒くないけれども出っ張っているもの、生まれた時からある、いわゆる「黒アザ」まで、いろいろな症状があります。
『ホクロかおできか、自分では良く判らない。』
『おできが、最近大きくなってきたような。』
まずは、一度、ご相談ください。
保険適応の手術からレーザー治療まで、症状に応じた治療を行っております。

医療脱毛

痛みに非常に弱い方、毛が濃くて強く反応してしまい火傷が不安な方、お肌にトラブルのある方の脱毛にも皮膚科専門クリニックならではの対応をしております。
ご安心してご相談ください。

シミ・ソバカス

まずは、しっかりと診察し診断をつけます。
それぞれのシミ・ソバカスの状態に応じて内服、外用、光線などを組み合わせて治療します。
また、治療効果の高い、最新のQスイッチレーザーもご用意しております。

シワの治療

シワの原因を見極めます。
それぞれのシワに応じた、ヒアルロン酸治療やボトックス治療が中心です。

ヒアルロン酸治療

ヒアルロン酸は、私たちの体内(皮膚・眼球・関節)に存在する物質で、少量の成分で大量の水分を抱え込むことができます。
このヒアルロン酸を、注射器を用いて気になるシワに注入します。

ボトックス治療

ボツリヌス菌の持つ筋肉を麻痺させるという作用を利用し、局所的に筋肉の働きを弱めることで、表情ジワを改善したり、エラの張りをなくし顔をすっきりさせたりします。
汗を抑える作用から多汗症の治療にも、非常によく使用されています。